更新日時執筆者キーワード
2010.7.16スワッシュ.JP
この記事をリツイートする! 4 この記事いいっすわポイント投票

初島上陸作戦 第1回「上陸前夜編」

諏訪湖に浮かぶ人工無人浮島「初島」。1954年に諏訪湖湖上花火大会の打ち上げ場として建設されて以来、穏やかな湖面に浮かぶその姿は、湖を眺める人々にやすらぎとほのぼのした気持ちを与えてくれます。

そんな初島。一体どんな島なのか。何があるのか。どのくらいの広さなのか。そこからはどんな景色が見えるのか。みなさん気になったことはありませんか?

好奇心の間欠泉でありたい。と、そう願ってもいるスワッシュプロジェクトとしてはこの初島、調査しないわけには行きません。早速上陸の計画を始めまたのはまだ御柱祭の余韻も残る5月下旬のことでした。

僕らを魅了してやまない初島

あの小さな小さな島には一体何があるんだろう

上陸前夜

諏訪市さんからの上陸許可、上陸方法の確保、調査内容など、およそ1ヶ月に渡っての綿密な計画の末、いよいよ上陸実行が決定しました。X-DAYは7月10日。調査のも他にスワッシュのネット配信ラジオ「ずくラジ」の第1回放送を初島からやろうじゃないか!というなんとも大胆かつ大冒険なプログラムも組み込まれました。

上陸日4日前。天気予報では当日の降水確率70%。安全第一ということで一滴でも雨が降っていたら延期と決めていただけに、探検隊の間には不安が広がります。なんてったって梅雨。8月からはサマーナイトファイヤーフェスティバルが始まって初島はいよいよ花火島になるのですが、そうなったら上陸することは難しくなります。なんとか予定通りに上陸できるよう、10日に奇跡が起きることを祈りながら準備を進めていきます。

あれ?これ、晴れ?

上陸日前日、7月9日のことでした。天気予報を見るとなんと翌日の降水確率が0%に!お天気マークも大逆転の「おてんとさま」がさんさんと輝いています。これはいける!「実行」の連絡がぐるっと探検隊に回ります。いよいよです。

そしていよいよ当日

集合時間はぴったり正午。出航場所の諏訪湖観光汽船さん前に探検隊とお見送りスタッフが集結しました。足元には大量の調査道具や配信機材。全員の集合が完了した頃、LCVFMさんのご好意でその時放送されていたFMラジオ番組と電話中継がつながり、これからの予定と上陸への決意を諏訪の皆さんへ伝えさせてもらいました!期待と緊張の入り混じる湖畔では「スワッシュ上陸中」の看板立ても並行して行われます。

初島探検中の看板

初島を望む湖岸に設置する「初島探検中」の看板

差し入れありがとうございます

装備品のチェック、配信機材の確認など上陸への最終準備が行われる中、スワいちラジオリポートでもお世話になった柴たかねさんが差し入れに来てくださいました。先日までの予報が嘘のように晴れ渡り、日照りが焼き付けるように降り注ぐ中、差し入れに頂いた「凍ったお茶」「凍ったスポーツドリンク」はまさに生命線!給水を全く考えていなかった上陸隊危機一髪です。

上陸前、安全祈願

差し入れで頂いたスポーツドリンクを片手に、上陸前の安全祈願を行ないました。乾杯!!いよいよ上陸開始です!!

初島へ向かうボート

いよいよ次回初島上陸編。この先に何が待ち受けていたのか!!

いよいよ船に飛び乗ったスワッシュ上陸隊は一路初島へ!そこで待ち受けていたものとは!
次回、初島上陸作戦 第2回 「上陸編」お楽しみに!

前の記事:
次の記事: