更新日時執筆者キーワード
2010.10.16スワッシュ.JP
この記事をリツイートする! 5 この記事いいっすわポイント投票

各地からファンが集結!「御射宮司祭」に行ってきました

秋も深まり始めた10月のはじめ。岡谷市はララ岡谷に集まる多くの人、人、人。
御柱祭で人の集まりを目にする事の多い1年でしたが、この時期各地で開催されている小宮祭ともまた少し違う雰囲気。
なんだろう?

今回はララ岡谷で開催された「東方Project 東方風神録オンリーイベント 『御射宮司祭』(ミシャグジさい)」というイベントのレポートです。

この日ララ岡谷屋上駐車場は少し普段と違う様子。沢山の県外ナンバーの車が並んでいます。エレベーターを使って会場となる2Fフロアへ着くと、目の前には沢山の人の波が広がっていました。

この催しは「東方風神録」というPCゲームの愛好家による、同作の世界観をテーマにしたイベントで、ゲームに登場するキャラクターをモチーフにした二次創作作品の発表や販売を行うというもの。作品の制作と展示、販売を行うのが「サークル」と呼ばれるグループで、今回は関東甲信越地方を中心に全国各地から、なんと約200ものサークルがブースを並べていました。

会場に並ぶ約200のブース。冊子やポスター、人形やシールなどグッズの種類も豊富。

地元コラボ商品の販売開始を待つ行列。

およそ120人ものコスプレイヤー(イベント関係のコスプレをする人)が参加されたそうです。

仕掛人は地元の方。
主催者で岡谷市在住の今井さんにお話をお伺いしました。

このイベントはいつから始まったのですか?

昨年の2009年に第1回目を開催しました。今回が2回目の開催になります。

なぜ岡谷が会場なのでしょう。

「東方風神録」に登場する人気キャラクターが諏訪をモチーフに設定されたもので、この諏訪地方全体が作品の舞台のひとつとも言える場所なんです。全国各地で同じゲームを題材にしたイベントが開催されているんですが、作品の設定とのつながりの強いこの諏訪でも、同様のイベントができればと思いました。そんな中、諏訪圏内で会場を探し多くの方々のご協力でこの場所をお借りして開催することになりました。

どういった方が運営に関わっているんですか?

50人程のスタッフさんに動いてもらっているんですが、ほとんどは東京から来ていただいたイベントの開催経験豊富な方々です。他に一般公募のスタッフさんもいますね。

会場を見渡すと沢山の人が集まっているようですが。

昨年の第1回ではサークルと一般のお客さん合わせておよそ2千人の方に参加していただきました。

地元とのコラボ商品も用意されているそうですが。

地元企業や店舗の方にご協力いただいて、諏訪の名産品とキャラクターを掛け合わせたグッズをこのイベントのために作ってもらいました。
イベントを通してこの土地のものを味わってもらうことで、また違う視点から「諏訪」を楽しんでもらえるんじゃないかと思っています。

イベント限定諏訪湖豆。絵は県外の人気絵師(イラストレーター)さんによるもので、「諏訪子」というキャラクターだそうです。

地元和菓子店の協力でできたオリジナルお饅頭。キャラクターの細かい線まで再現した焼き印も諏訪の技術で実現できたとのこと。

諏訪の地酒ともコラボ。ラインナップも豊富でケースやラベルも豪華です。

名物イナゴの佃煮まで。しかもあっという間に売り切れていました。

コスプレイヤーの方と岡谷のキャラクター「ウーナちゃん」との競演。この後華麗にかわすウーナちゃん。

会場の一角。人気のキャラクターが並びます。

取材中に参加者の方から頂いた「聖地巡礼MAP」という冊子には、ゲームに登場するキャラクターや設定を通して実際の伝承や伝説についての解説が描かれていました。諏訪大社はもちろん、地元人でも知らない人の方が多そうな史跡やエピソードも満載で、取材班も思わず目から鱗。

諏訪には映画やTVドラマの撮影が行われた場所が沢山あり、そういった作品のファンの方が県外から訪れる事も珍しくありません。
同じように諏訪につながる1つの切り口として、地元に住む取材班にとっても実に新鮮で驚かされるイベントでした。

それにしてもこれだけの動員と作品群、そして会場の熱気と暖かい雰囲気。なにか計り知れないエネルギーとパワーを感じてララ岡谷をあとにするスタッフでした。


東方Project 東方風神録オンリーイベント「御射宮司祭」

※ 掲載している写真はイベント主催者によって撮影を許可されたものです。個人が判別できるものについては個別に確認を頂き、またぼかしを入れて掲載しています。

前の記事:
次の記事: