更新日時執筆者キーワード
2012.12.5レインボー
この記事をリツイートする! 6 この記事いいっすわポイント投票

諏訪圏の「たから」を見つける秋フェス

去る9月22日、岡谷のライフプラザマリオで行なわれた秋フェスなるものに、RAINBOWがお邪魔してきました。
今回はそのイベントの様子をご紹介します。

このイベントは、諏訪圏域で活躍する団体が一同に会するということで、アレもしたい・コレも欲しいという盛りだくさんなイベントなのだろう、ワクワク、どきどき。

開会宣言、会場のみんなで声を揃えて「Let’s Find SuWatching!」


メイン会場には信州諏訪温泉泊覧会ズーラ、諏訪圏フィルムコミッション、諏訪地方の菓子イベントスワいちの特設ブースが並びました。
RAINBOWはスワいちの物販をお手伝いさせていただきながら会場を楽しみました。

スワいちブースには、諏訪圏の選りすぐりのものが並ぶ。


富士見からはやはりマリコ人形!始まって早々人が集まる。


地元の特産品の販売、喫茶のほか、ズーラの体験イベントにはネイルアート・ボディペイント、ヘアメイク、リンパマッサージ、メーク、タロット占いなどがあり、来場者も出店者もそれぞれが楽しんでいる様子が見られました。ワンコインで体験できる手軽さが良いですね。

ボディペイントは子供にも人気。


ヘアアレンジも素敵でした。


こちらはアンチエイジングのピラティス。


興味深かったのは、男性もメイクを体験していたこと。今若い男性はメイクをする人もいるとか。
ご好意によりbefore・afterを撮らせていただきました。

before


after (ご協力に感謝申し上げます)


子供たちに昔の遊びを体験してもらうコーナーは、アナログな遊びに夢中になる現代っ子の姿が印象的でした。

おはじき、上手に弾けるかな。


また、高校生による寒天創作料理コンテストも行われ、斬新でありながらきちんと料理として整ったアイデアに、審査員の皆さんも点数をつけるのが難しそうでした。

模造紙を使ってレシピをプレゼン


優勝したレシピは諏訪東京理科大の学食で提供されるとあって、審査も厳しく!


下諏訪南小学校会場では5万個のドミノ倒しを制作し、それを倒す際にはメイン会場と小学校会場が中継で繋がれ、多くの来場者が固唾を呑んで見守っていました。

音声と映像の中継で、別会場のドミノ倒しを見守る


その他、「たから」再発見ツアーと題して、諏訪圏を東廻り・西廻りのコースに分け、大社を始めとする神社やお寺など、諏訪が誇る「たから」を巡るツアーも開催され、親子連れで賑わっていたようです。

諏訪には多くの「たから」があります。それを知り、実際に触れ、そして伝えるということを意識して行なっていくことが、私たちの大好きな諏訪を守り発展させることに繋がるのではないか。そんなことを考えさせてくれたイベントでした。
この冬も、諏訪は様々なイベントが目白押し!
またスワッシュメンバーが遊びに出かけ、ゆるーくレポートします。

前の記事:
次の記事: