更新日時執筆者キーワード
2011.11.23ノラヤハタ
この記事をリツイートする! 5 この記事いいっすわポイント投票

晴れた日はコビトを狩りに

ノラです。

岡谷のイルフ童画館で行われた「ナバーランドへようこそ~なばなとしたか絵本原画展~」に行ってみました。あの「こびとづかん」の作者の原画展です。

ところで「イルフ」というのは、ここのメイン展示である武井武雄さんの作った玩具の「イルフ・トイス」から来ているそうです。

「古い」の逆さで「イルフ」。新しいという意味を持たせたのでそうです。

なんと!この歳になって初めて知りました。すばらしい。

イルフ童画館

平日の昼間だというのに程よいにぎわい、こびとへの注目度がうかがわれます。

目指すこびとは2階。「そちらのエレベーターでどうぞ」といわれたので、階段が良かったけれどしぶしぶ乗り込みます。

そして会場は夢の国、ナバーランドです。かわ…きもちわるい!やっぱり本物も絵本で見るのと同じで圧倒的にきもちわるい!

しかし入口付近に置かれた「づかん」を読んでいるうちになんともかわいらしく思えてきます。巧妙に仕掛けられた罠です。

原画だけじゃなく、粘土で作った人形も!立体のこびとです。

そして廊下には「アレ」が。

 

顔はめてとるやつね。

なんて撮りにくいんだ!

三脚を持たず、一人で行った私には、館の人にお願いするくらいしか手立てが…いや、あそこに椅子が!

ホトケアカバネ

 

クサマダラオオコビト

 

 

そして無事こびと発見です。

たのしかった!一人であそべる展示でした。

常設展の武井武雄の作品も楽しくて、館を出てからもしばらくは夢の世界でした。

 

前の記事:
次の記事: