更新日時執筆者キーワード
2011.11.13レインボー
この記事をリツイートする! 6 この記事いいっすわポイント投票

諏訪湖マラソン~reported by RAINBOW~         当日約5キロ地点にて

勢い良くスタートして行った万治たち
彼らを見送った私達は、次の応援スポットである約5キロ地点へ猛ダッシュで向かいました。
RAINBOWの自転車に乗るどろっぷ、代わりにキックボードをこぐRAINBOW。
先頭が応援スポットを通過する前に到着したい。
どちらが先か、ここでも小さな戦いが繰り広げられていたことはおそらく知られていないでしょう。
勝者、私達!!?どうにか先頭より先に到着すると・・・
メカニックきく、なぜ先に居る!?勝者、澄ました顔したきくさん。

カーブの向こうに先導者が見え、やってきました、先頭集団。
毎年上位に名を連ねるランナーの皆さんの優勝をめぐる争いがすでに繰り広げられています。
そして徐々にランナーが増えてきて・・・
誰がどこにいるかわからないくらい一斉に押し寄せるランナーたち。

紅葉する木々を横目に駆け抜ける


毎年約5キロ地点の応援スポットは近所の皆さんが大勢集まり、ちょっとした応援団を築いています。
万治たちはどこだろう。見逃してはいけないので、周りの皆さんに万治を探して!とお願いしました。

先頭が通過してから30分くらい経過したでしょうか。
ついに我らが万治の登場の時が来ました。
今回のスタート地点での出来事と同じようなことが、昨年のこの地点で起きたのを思い出します。
応援箇所を伝えておいたはずが、なぜか寸前まで私達に気づかなかったホラちゃんと花太郎。
今年は大丈夫でしょう、どんなパフォーマンスをしてくれるのでしょうか??

遥か向こうのカーブから、まずはホラ万治が見つかりました。
探して!とお願いした周りの応援の方たちも、「万治きた!」「万治だ!」と大喜び!

私達めがけて大きく膨らんで走ってくるホラ万治


そしてすぐうしろから万治太郎もひょっこり顔を出しました。

笑顔を振りまくホラ万治とちょっと必死な万治太郎


万治たちの走りとパフォーマンスに、沿道の子供たちも思わず振り返っていますね!
さあ、あとは応援団前を通過する彼ら(ナイスアピールその3)をどどーーーん!!とご紹介します。
(音声をお届けできないのが残念)

「万治だよ~」


「ハ~イ、万治だよ~」


「みなさ~ん、万治だよ~」


「そうだよ~、万治だよ~」


「うふふふ、万治だよ~」


「応援ありがと~、万治だよ~」


「それじゃ、ゴールで会いましょ~。万治だよ~」


昨年に続き、ホラちゃん見事な欽ちゃん走り!今年は花太郎とダブルの欽ちゃん走り!
二人のナイスアピールに、沿道はほっこり楽しく温かくなりました。
きっと、この先の沿道でも、たくさんの観客を魅了するのでしょうね。

諏訪湖マラソンの魅力の一つに、地域の皆で作り上げているという点があると思います。
沿道での応援はもちろんのこと、数多くのボランティアが参加し、運営を支えています。
約5キロ地点でも、最終ランナーが通過した後、一斉に清掃が行なわれていました。

給水所の後片付け、ありがとうございます。


「また来たいな」
そう思わせる「諏訪」は、地域の人々の手で作られているのだと感じました。

メカニックきくはビデオ片手に自転車で万治たちを追い掛け、密着撮影を続行。
どろっぷとRAINBOWは逆回りして一足先にゴール地点へ。
果たして万治たちは、どんなゴールを見せてくれるのでしょうか!?

次回、『諏訪湖マラソン~reported by RAINBOW~当日ゴール編』、お楽しみに。

前の記事:
次の記事: